fc2ブログ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
10

CO.坊主のアクアリウム 備忘・見聞記

コリドラス大好きなCO.坊主のアクアリウム記。


In 10 2011

Category: メインタンク   Tags: ---

流木を投入して悦に入る

いや、レイアウトが得意とかじゃないし、そもそも生体メインのタンクなんで、
流木はヤツラの食料、もしくは隠れ場所か休憩所ていどなもんなんですけど。

それでも”悦ゾーン”にinしてしまうのはCO.坊主が安い男だから・・・・・ もあるけど、
現地の川底をイメージした水景を作りたかったからなんです。

ブラックウォーターを散策するネオンテトラ


まあ、アマゾンの川底なんて見た事ないわけで・・・
というか、メキシコや東南アジア、アジア圏の生体も混泳してるタンク。
いったいどこの”現地”を目指してるんだ?と突っ込まれると簡単に破錠するんですけど(笑)

そんなわけでイメージ作りに参考にしたのはコリドラスのバイブル的著書、「コリドラス大図鑑(新版)」。
巻頭の方にアマゾンの写真が何枚か載っているので、それを参考に落ち葉やらBW(ブラックウォーター)やら
いろいろと準備してきたんですね。

この流木で全部整った感じになるわけですが、沈むのに時間がかかって
投入するのが今日になっちゃいました^▽^;
3週間くらい漬けてたんじゃないかな。。

どうでしょう?
アマゾンの川底っぽいイメージ出てるでしょうか・・・?

木陰からチラ見してるコリドラス・パンク

さっそく流木をハムハムしにきたピットブルプレコ


写真は流木入れて間もなく。
なので、魚たちはちょっと落ち着きないですけど、さっそくハムハムしにくるヤツとか、
木陰に隠れてこっち見てるヤツとかいます(笑)


あ、あとピート汁足しました。
なのでこの間よりさらにBWに。。

というのも、pH6.0くらいってどのくらいなんだろう?とか思ったら実験の虫が収まらなくなりまして^^;
ピート汁何度か足したんですけどpHは6.3くらい。

それ以上下げようと思ったらマジでブラックなウォーターになってしまいそうだったので、
自然にpHが下がるのを待つことにしたんですね。

それでも水槽の奥の方はシャッタースピードが遅くなりすぎてブレブレに。。
動くヤツラを捕らえるのはとても難しくなりましたネ。。

デメリットと言えばデメリットかも・・・


お前たちはこの水景、どう思っているのかな?

遠巻きに流木を見つめるコリドラス・パレアトゥス




にほんブログ村 観賞魚ブログ コリドラスへ
にほんブログ村

スポンサーサイト



本文: 4  

10 13 ,2011  Edit


Back to top